初めての家づくりサポート

「自然災害債務整理ガイドライン」とは?

  • スタッフブログ

こんにちは!スタッフの望月です(*’ω’*)

今回は、防災でなく被災してしまった場合の

知っ得情報をお伝えします♪

 

 

「もし自分が被災して、住宅ローンだけ残ってしまったら?」

いつどんな災害に襲われるかわからない現代では

そんな不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

 

そこで知っていると心強い「自然災害債務整理ガイドライン」とは?

 

住宅ローン等を借りている被災者が、

破産手続きなどの法的な倒産手続によらず、

銀行などの金融機関との話し合いにより、

ローンの減額や免除を受けることができる制度です。

※「災害救助法」が適用された自然災害の影響で

被災した個人(個人事業者)が対象。

 

こちらのガイドラインに基づく債務整理のメリットは

  1. 個人信用情報として登録されないため、新たな借入れに影響が及ばない。
  2. 国の補助により弁護士等の「登録支援専門家」が手続を支援(無料)。
  3. 財産の一部をローンの支払いに充てずに手元に残せる。

 

とても有難い制度ですが、借入先(金融機関等)の

同意が必要になるなど、一定の条件があります。

 

また、こちらは令和2年8月6日時点の情報になりますので

ご利用前に「政府広報オンライン」で最新情報を

確認頂ければと思います。

 

防災に限らず、自分が「なるほど!」「これいい!」と

思った情報はどんどん共有していきたいですね!